打ち合わせの流れ

  • HOME
  • 打ち合わせの流れ

【打ち合わせの流れ】

丁寧にお客様が納得するまで打ち合わせを行い、施工していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STEP01. お問い合わせ
まずは電話・メールなどでのお問い合わせください。日時の調整をし、ご都合のよいときにご自宅にお伺いいたします。一度ご自宅を拝見させていただくことで、今のご生活の不満点や新たなご要望なども聞かせていただければと思います。(そのため、過度なお片付けはせず、普段の生活のままで結構です。)ご自宅での打合せがご都合悪いようでしたら、その旨お伝えください。ご相談についてはすべて無料です。 また、土地の選定において、土地取得契約前での事前相談にも応じています。

 

STEP02. 設計依頼
お聞かせいただいたお話で、ご希望やご予算をお聞かせいただけましたら、正式に建物の計画依頼をいただきます。ご提案までの期間は、ご建築時期やご検討の期間、その他物件との計画スケジュールの調整により、その都度対応しています。

 

STEP03. ご提案
敷地条件・家族構成・ご要望・ご予算・ライフスタイル・デザインなどを総合的に考慮した上で基本プランの提案を、わかりやすいプラン図面でご提示します。プランに満足いただけた場合にお見積りのご提示も行います。

 

STEP04. 申込み
提案した内容で今後に進ていける場合には、設計・工事のお申込みをいただきます。その際に設計申込み金を併せていただきます。(この金額は、後の工事請負契約内容の工事代金の一部に充当します。)なお、数度に及ぶ提案の場合、状況によっては最終案が決まっていない段階においてのお申込みをお願いする場合がありますのでご了承ください。

 

STEP05. 基本設計
基本計画案が決まった後、打合せ用図面を必要に応じて作成します。 キッチン・サニタリー・主寝室まわりにおける動線及び収納計画、採光・通風等を考慮した開口部計画、床・壁・天井・造作家具などの仕上げ計画、電気・照明・給排水・空調などの設備計画、外構・造園計画 等々の詳細に打ち合わせをしながら、ご要望を取り込みます。期間は約1~2週間に一度のペースで打合せを行い、最低でも1~2ケ月、長い場合は数か月必要です。

 

STEP06. 見積もり調整
打合せ内容をもとに、お申込みいただきたときとの金額差額を工事(基礎工事・木工事・屋根工事・建具工事・設備工事など)ごとに作成しご提出いたします。この段階では、減額になる場合も増額になる場合もございますが、多くのお客様が打合せにより、よりよいものへのお気持ちから、金額的にオーバーしたご要望になることも多くございます。そのため、機能性・デザイン性を損なわずに減額する項目及び金額を作成し、項目ごとの内容説明を行い、見積もり調整を行います。

 

STEP07. 工事請負契約
最終見積金額のご了解いただき、工事請負契約を締結させていただきます。

 

STEP08. 着工
工事に先立ち、地鎮祭を行うのが一般的です。地鎮祭の準備はこちらで行いますが神主へのお礼は施主が行います。また、地鎮祭を利用して、建物の外周部の縄張りを行い、敷地内での建物位置の確認をします。

 

STEP09. 工事・監理
現場の段階において、施主に対し図面内容についての最終的な確認を取りながら工事を進めてまいります。工事期間中、数回お客様に立会いをいただく場合もございます。

 

STEP10. 上棟
上棟時には上棟祭を行う場合もございます。ご希望によってとり行いますが、近年少なくなってまいりました。しかしながら、昔の風習も残り、施工に携わる方々へのお礼をしたいお施主様に関しては、そういったお心遣いのアドバイスもさせていただきます。

 

STEP11. 工事完成
設計図で決められたとおりに竣工したかによる、各関係機関の検査などを行います。同時期にお施主様にも、内部の確認をいただいております。住宅ローンなどの融資利用のお施主様には、融資機関のお手続きも取っていただきます。指摘事項に関しては手直し確認をさせていただきます。
*建物の竣工写真をとらせていただきます。

 

STEP12.お引き渡し
工事完成時ご確認いただいた内容の手直し等を終え、お引き渡しさせていただきます。お引き渡し証明書の発行と、鍵のお渡しをさせていただき、工事代金のお支払いをいただくことで工事請負契約の満了という形となります。その後は、アフターメンテナンスや、リフォームでの永いおつきあいをさせていただきます。